FC2ブログ





みなかみ雪遊びその2

 写真が残っているので、引き続きその2です。
似たような写真ですが、出演者がなにせ7ハスなので、代わり映えしない写真ですが、ご覧ください。

昨日の朝はこちらも少し雪がちらつきました。

チョビさんと仲よく高いところをかけっこ・・・

DSC_7107-7.jpg


あんずねーさんがいなくなって、チョビさんをおねーさんの様に慕っています。

DSC_7111-35.jpg

DSC_7113-36.jpg

みーくんを、ひなファミリーが追っかけて・・・

DSC_7123-37.jpg

今度は下って・・・

DSC_7134-38.jpg

くるみねーちゃんは、ちょっと休憩

DSC_7142-39.jpg

ガンミ

DSC_7145-40.jpg

ギンタくんに寄り添うように・・・ぎんたくんとは相性がいいんだよなー

DSC_7152-41.jpg

「くるみ、おっこちない様に、気をつけなよー

DSC_7162-42.jpg

何故だか、高いところに群がる

DSC_7167-43.jpg

「どうだい、ナイスバディーでしょ」

DSC_7180-44.jpg

「フードが・・・・」

DSC_7182-45.jpg

DSC_7203-46.jpg

あーあ

DSC_7205-47.jpg

「サクラ、だいじょうぶかー」

DSC_7208-48.jpg


やっぱり、雪を駆けるハスキーさんは絵になるね。

DSC_7211-49.jpg

みーがんばれー

DSC_7213-50.jpg

ばっちりな絵

DSC_7218-51.jpg

くるみがヒートアップ

DSC_7225-52.jpg


DSC_7231-53.jpg

みーくんとは仲がいいんだけど

DSC_7233-54.jpg

ギン太くんにやつあたり

DSC_7235-55.jpg


DSC_7241-56.jpg

にげろー

DSC_7247-57.jpg

だれかいるよー

DSC_7249-58.jpg


DSC_7253-59.jpg


見学に来た知らないおっさん。「ハスキーだー、かっちょえー」だって
何故だか群がる

DSC_7261-60.jpg

「せっかく走ってきたのに、おっさんかー、あー疲れたー」

DSC_7267-61.jpg

みーくん、がぶり

DSC_7277-62.jpg

「ギン太くん大きくやさしいから、だいすきー

DSC_7293-63.jpg

くるみの戦闘モードスイッチが入った

DSC_7296-64.jpg


ターゲットはひなはは、どうもひなははとは相性が悪いようです。ゴメンなさいね

DSC_7298-65.jpg

ひなははも負けじと、ムキッパ・・・

DSC_7301-66.jpg

さらにヒートアップで・・・・ごめんなさいね

DSC_7306-67.jpg

DSC_7307-68.jpg

ランの全景です。あまり広くはないですが、少人数なら十分です。

DSC_7313-69.jpg

ランの下は川が流れていて景色が良いところです。

DSC_7317-70.jpg


DSC_7336-72.jpg

今日は遊んでくれて、ありがとう



DSC_7346-73.jpg


そして、たくさんムキッパしてごめんなさいね

DSC_7330-71.jpg


遊んでくれた皆さん、ありがとうございました。
また遊ぼうね



[ 2019/01/23 08:25 ] ドッグラン | TB(0) | CM(0)

みなかみ雪遊びその1

 やすしパパさんのお誘いで、みなかみ道の駅横のドッグランで雪遊びをしました。
みなかみでの雪遊びは約5年前、くるみがまだおチビちゃんの時以来です。

天気も良く、風もなく暑いくらいの陽気で短時間ですが、くるみも十分に雪遊びを堪能したようです。
遊んでくれたお友達、お誘いしてくれたやすしパパさん、ありがとうございました。
久々のワンコネタです(笑)

では早速おしゃしんを・・・・

トップバッターはひなははです

DSC_6880-1.jpg


どうしようかなー?

DSC_6884-2.jpg

「にげろー!」

DSC_6886-3.jpg


DSC_6887-1.jpg

元気元気・・・

DSC_6891-4.jpg

「わたしもー」

DSC_6893-5.jpg

高いところから獲物を狙う

DSC_6902-6.jpg


くるみも元気にピョンピョン、ピョン・・・

DSC_6915-2.jpg


DSC_6919-7.jpg


DSC_6920-8.jpg

みのるくんとツーショットで・・・

DSC_6928-9.jpg

みーくんも元気にピヨーーン

DSC_6934-10.jpg

キツネが雪の下に隠れた獲物を狙て・・・

DSC_6942-11.jpg

あら、ピョーーーン

DSC_6943-3.jpg


DSC_6945-12.jpg

ひな家のハイジさん、ぎん太くん、ひなはは、そしてみのるくん

DSC_6949-4.jpg

やさしい、やさしいぎん太くん

DSC_6950-13.jpg

雪にたたずむ、おじぞうさん

DSC_6961-14.jpg

雪のランラン、楽しそう・・・

DSC_6981-15.jpg

DSC_6983-5.jpg

「わたちもはしるー・・・」

DSC_6987-16.jpg


DSC_6989-17.jpg

元気元気な、11才のチョビさん

DSC_6990-18.jpg

みーくんをガブリンちょのサクラさん

DSC_6995-19.jpg

「みーくん、こっちだよーーん」

DSC_7009-20.jpg


DSC_7011-21.jpg

「みーくん、いっしょに走ろうよー」

DSC_7025-22.jpg

「そりゃー・・・」

DSC_7027-23.jpg


DSC_7028-24.jpg


DSC_7032-25.jpg

仲よく一緒にバビューーン

DSC_7037-6.jpg

ギンタくんと並んで、ギンタくん大きいね

DSC_7049-26.jpg

ヒナさん、ナイスバディー

DSC_7051-27.jpg


DSC_7063-28.jpg

上から一気におりるのじゃー

DSC_7070-29.jpg

くるみおねーさんを追っかけて・・・

DSC_7072-30.jpg

がぶりんちょ

DSC_7074-31.jpg

くるみのムキッパ顔、それダメだよ

DSC_7077-32.jpg

危険な状態、ギン太くん引いてます、ゴメンね

DSC_7082-33.jpg


DSC_7095-34.jpg


その1はこれで・・・


[ 2019/01/21 15:45 ] ドッグラン | TB(0) | CM(0)

1:72 BOEING B-17G FLYING FORTRESS AIRFIX

 飛燕に続き、シルバー塗装のB-17Gを
B-17はハセガワ、REVELL ,ACCADEMY,AIRFIXなどが製品化されている様ですが、英国の模型メーカーのAIRFIX社製のが
比較的新しく、販売店(ファーベル)が隣の町にあるので、これにしました。

AIRFIXは初めて作るメーカーでどのようなものか興味津々です。
まず、箱を開けて、なんと臭い!何とも表現が難しい臭いに閉口しました。モールド素材の臭いか、離型剤の臭いか?
とにかく頭痛が起きる臭いです。

赤い箱にカッコいい箱絵です。
 20181116-DSC_6590.jpg


モールドの出来はまーまーかな?パーツの合いもあまり良くないが、許容範囲です。
大きなパーツ(この場合は胴体の左右)がかなり反っていて、強引に接着

組み立て説明書は言葉がなく、イラストだけ、色指定はハンブロールエナメル塗料の番号のみ
これはMrカラーを基本的に使っているので変換、ない色もあるので、近似色で・・・・

機体内部も再現されているので塗り分けて組み立てましが、完成後はほとんど見えません(笑)

弾倉庫、無線所、ボールターレットなど、ボールターレットは胴体を左右接着する前に組み立て、塗装をしないと
後からは組み込めません。

20181116-DSC_6599.jpg

コックピット周辺、投下爆弾の照準器(ノルデン照準器?)

右側面にくるみちゃんの毛が・・・(笑)

20181116-DSC_6601.jpg

計器類 残念ながら白黒のみのデカール

機体内部はコックピット周辺はダークアース、弾倉はアルミ、その他はジンク・クロメイト TYPE1


20181116-DSC_6602.jpg

ボールターレットはクリアパーツで透明部分をマスキングしてシルバー塗装なので、できれば

左右胴体の接着後に組み入れ出来ればいいのですが ボールターレットを機体に吊るす実機の構造の再現を優先させたので
しょうが、組むとみえないがね


20181116-DSC_6605.jpg

爆弾倉、爆弾は残念ながら4個しか入っていない

20181116-DSC_6607.jpg


20181116-DSC_6609.jpg


組み立ての初期にボールターレットを塗装した状態で組み込む必要があり、シルバー塗装がだんだんはがれたり
機銃を折ったりしました。

あくまで実機の構造にこだわるジョンブル魂?(笑)

20181116-DSC_6612.jpg


20181116-DSC_6617.jpg

ボールターレットに貼るデカールも組み込んだ後ではかなり困難なので、省略



20181116-DSC_6620.jpg


20181116-DSC_6623.jpg

翼基部のトラス構造もそれなりに再現

20181116-DSC_6625.jpg

機首最先端の照準器

20181116-DSC_6627.jpg


20181116-DSC_6632.jpg

両翼端、垂直尾翼、水平尾翼の赤(今回はサンダーバードレッド)を、その他は下地にクリアブラックを吹き、クロムシルバー


20181203-DSC_6638.jpg


エンジンのパイロットから見える1/4、フロントガラス前はアンチグレアにオリーブドラブ1

20181203-DSC_6641.jpg


20181203-DSC_6642.jpg

下っ腹

20181203-DSC_6644.jpg

エンジンは下地につや消し黒、ダークアイアンを筆塗りして、ティッシュで擦って黒光り

20181203-DSC_6646.jpg

コックピット、左右、上部ターレット機銃胴体中央部の窓など、透明ガラス部をマスキングして下地に光沢クリアを吹き、メタリックシルバーを、内側はこれまたマスキングし、ジンク・クロメートを吹く、 

マスキングの荒行でした。

20181203-DSC_6651.jpg


20181203-DSC_6653.jpg


20181203-DSC_6657.jpg


機首下部の二連回転機銃座はチョット細工をして上下可動に、回転軸を細工して後からはめ込んで回転できるように


20181203-DSC_6659.jpg

右は最後尾の二連機銃座、これも上下可動に



20181203-DSC_6661.jpg


いよいよ全体の組み立て、接着、デカール貼り

デカールは余分な糊代がなく厚みも透けない程度に良いですが、糊の接着が弱いような感じです。カルトグラフ製なのかな?
デカールは小さなコーションもついていますが、小さくてほとんど見えない。適当に省略

20181212-DSC_6704.jpg


デカールを貼った後クリアを吹きたいのですが、シルバーの金属感が損なわれるので、貼りっぱなし、

女性のノーズアートが米軍機らしく、戦争中とはいえ遊び心が・・・

20181212-DSC_6712.jpg




20181212-DSC_6717.jpg


20181212-DSC_6721.jpg


20181212-DSC_6727.jpg


20181212-DSC_6729.jpg


20181212-DSC_6731.jpg

20181212-DSC_6735.jpg

触っているとシルバーがだんだん剥がれて来る



20181212-DSC_6741.jpg


20181212-DSC_6743.jpg


20181212-DSC_6745.jpg


20181212-DSC_6747.jpg


内側エンジンの排気管カバーは外しています。

20181212-DSC_6750.jpg


20181212-DSC_6753a.jpg

ティッシュの箱に載せて、かなり不安定

20181212-DSC_6759.jpg


20181212-DSC_6771.jpg


先に制作した飛燕と比較するとその大きさの違いが分かります。
当時の技術力、工業力の違いが・・・・

20181212-DSC_6792.jpg

制作開始が2018年11月6日、完成が2018年12月12日、1か月と1週間の制作期間でした。

年内いっぱいかかると思ってましたが、意外と早かったです。

今回は部品の紛失はありませんでしたが、機体下部の回転ボールターレットの機銃を折ってしまい、真ちゅう線でセンタ補強して
つなぎ合わせました。

約1か月、楽しめました。シルバーのメタリック塗装はまだまだですね。

次は何にするか思案中ですが、爆撃機に思い入れがあるので、たぶん三菱四式重爆撃機かな?
なにせ、おやじが戦争中、九九式双発軽爆撃機の搭乗員だったので、・・・・

布団の中でおやじに米英戦闘機との空中戦の話を目を輝かせて聞きながら寝たのを思い出します。
「横を通る戦闘機に照準を合わせる時は少し前に合わせろよ・・・」とか「向かってくるのを狙え!」

子供に教えてどーするんだよ!









[ 2018/12/13 15:03 ] プラモ | TB(0) | CM(2)