Pay it foward

昨日起きた、少し良いお話

昨年の暮れから、毎日朝夕に散歩をはじめて、約3か月毎日欠かさず(三日坊主の私には珍しく)続けています。

散歩コースは最初はあっち行ったり、こっち行ったりが最近は決まって、自宅と最寄りの本庄駅(往復1時間強)の
コースで、本庄駅構内の改札口前のベンチで少し休憩しています。
 
DSC_3254m1.jpg

昨日もベンチで休憩してぼんやり改札口の方を見ていると、二人の女の子(たぶん高校生くらいかな?)が電車に乗り遅れないように、猛スピードで改札口を駆け抜けて行きました。

うしろを走っていた女の子のポケットから、黒い財布の様な物(財布だと後で判りました。)が落っこちて、
それに気づかず行ってしまいそうだったので、
日ごろ鍛えし脚力の推進力を生かして、素早く、財布を拾い、大声で「おーい!、落っこちたぞー!」

でも女の子は気づかず・・・・
取敢えず、駅の改札口に届けて、「取得物預かり書」の作成の為、住所、氏名、電話番号を聞かれ、預かり書をもらって
帰りました。

きっと、春休みでお友達と一緒にどこかにあそびに行く途中に財布を落して、さぞかし、びっくり がっかりしているだろうな?
早く本人が気が付き、財布が戻ると良いな・・・っと思っていました。

昼過ぎに駅員の方から電話があり、今女の子が駅に来て、財布が戻りました。本当にありがとうございました。
あー良かった、無事に早く戻って良かったですね、っと。

DSC_2599m2.jpg

これで、一件落着、でも本人からのお礼の言葉は聞きたかったな!
でも最近の子は、まーこんなものかな?・・・・

夕方、電話が鳴り、我が家の電話からは未だかって聞いたことのない若い女の子の声
(おかーさんの言葉)が・・・
事情はうちのおかーさんにも話していたので、私に代わって話しました。

蚊の鳴くような小さな声で・・・・・

「今朝はお財布を拾ってくれてありがとう・・・・・、何かお礼を・・・・・」

「お礼は何も要らないよ、そのありがとうの言葉だけで、それともう一つ・・・・」
「きみが今日貰った親切を、次の誰かにしてあげて下さいね、それだけで十分だよ♪」 Pay it foward 

DSC_3261m2.jpg  
「Pay it foward」 昔見た映画で、小さな男の子の何気ない小さな親切の連鎖が「Pay it foward」の言葉と一緒に
広がって行く素敵な映画・・・・

貰った親切をもらった人に返すのではなく、次の人に、そしてその人は又次の人へと・・・・

 
スポンサーサイト
[ 2013/04/07 05:51 ] 日常の出来事 | TB(0) | CM(2)

良いですねー

自分もこんな言葉をサラリと言えるシブイ大人になりたいもんです!
[ 2013/04/07 19:42 ] [ 編集 ]

小鉄のおとーさん、こんにちわ♪


いやー、何だか、キザだと言われそーで、恥ずかしいですね

年をとるにつれて、だんだんしぶーーく、いぶし銀の輝きが・・・
出てきますよ♪、髭が白くなるにつれて・・・・(笑い)
[ 2013/04/08 18:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://anzpapa.blog.fc2.com/tb.php/810-f54d1673