D600の実力検証

最近発売のニコンD600の実力

ワンコネタではありませんが・・・・ちょっと気になってるので・・・・

背景を書いてなかったので・・・

最近夕暮れか日没後のランでの撮影の機会が多く、カメラの設定をいろいろ変えても
薄暗い中で走るわんこを撮るのに大変苦労しています。

シャッタースピードが遅いとブレブレで、早くすると光量が足らず、感度を上げるとノイズが目立ってざらざらした絵になってしまいます。
D600は高感度だという事なので、どの程度かを確認したかったので・・・

気になってる新発売のD600をテストできたので、レポートします。
今使ってるD5100で不満な点は以下 です、でも、バリアングルとか有ってお手軽で良いカメラですよ。

1.動態(ワンコの走っている時)撮影時のオートフォーカスの食いつきの速さ
2.夕時の暗い条件下のノイズ耐性(高感度性能)
  これは今は現像時にノイズ低減で何とかやってますが、
  油絵の様なのっぺりしたタッチになってしまい、色の自然な感じが失われてしまっています。
 
3.連続撮影可能枚数(連射コマ速とは違います、連続で撮影したときのバッファフルまでの時間、これはSDカードの書き込み読み込み速度に依存するのかな?)
  sandic 95MB/sの高速SDにすれば少しは改善されるのかな?
 
4.ファインダー視野率:マニュアルフォーカス使用時にピントの山が判らない。 
 
 
4.のファインダーの見やすさはD5100のミラーに比べ、ペンタプリズムなので、素晴らしいの一言、「よっし、ワンコの良い写真を撮るぞーという気持ちにさせるものでした。


今回は店内でのテストの為、2のみ

一応、いつも夕時に設定しているISO上限=6400、SS(シャッタースピード)=1250
JPEG取り出しで、写真の現像なし

撮影時のEXIFデータです。

0000018C 829A 露出時間                      1/1250 秒
00000198 829D 絞り値(F)                     F5.6
000001A4 8822 露出プログラム                マニュアル
000001B0 8827 ISO感度                    6400
00000240 920A レンズ焦点距離                85.0 mm


オリジナル(被写体(蛍光灯)までの距離=およそ5m)
 
レンズはキットの24-85mmf3.5 かな?

AAD_0030original.jpg

中央蛍光灯に焦点を会わせました。蛍光灯の下に何か丸い物が見えますが・・・・

中央部をトリミングすると

AAD_0030.jpg

見えてきました、これはカメラですね!さらにトリミングすると・・・・

AAD_0030trim2.jpg

背景の壁と思われる表面のざらつき(ノイズ)が目立ちますが、カメラの縁の白いレンズ刻印がもう少しで見えそうですね!、

素晴らしい解像度です。 カメラレンズ表面の光の反射も写ってます。レンズにピントを合わせれば、もっと鮮明に映っていたでしょう。

ISO=6400でこれだけの解像度がもらえれば満足の性能ですね。
買うか、買わないかはもう少し検証してから(特に動態のAF追随性能(D800と同等か?)決めます。

重さもFXにしては重くなく、使いまわしが良さそうです、D800+28-300mmも試したがレンズが重くてそんなに軽くも重くも感じなかったです。(D5100は確かに軽い)

あとは年末にキャノンが6D出して、価格競争で値段が下がるのを待つだけかな?

今回は単なるつぶやき記事なので、ポチットよろしくはなしだよー♪
ご参考になれば、幸甚です。

以上

スポンサーサイト
[ 2012/10/02 21:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://anzpapa.blog.fc2.com/tb.php/676-8b86316a