☆ 呉汁なおもひで ☆

呉汁な思い出

明日に付録で掲載予定でしたが、こちらだけ独立させて、先に・・・

九州の故郷の味とも言われますが、どこでもあるようです、ネットで調べればたくさんレシピは載っていますが、うちの呉汁は特別です。

私が小学低学年の頃だからもう50年くらい前、九州の母が良く作ってくれていました、その頃の味はもうだいぶ薄れて忘れかけていますが、大豆のつぶつぶが汁の下に残っていて、汁を吸い終わったあとも、大豆のつぶつぶを食べられて、何か得をした様な気分に成るあたたかく、幸せなお袋の味でした。

当時、九州の筑豊炭鉱の貧乏な家にとーちゃん、かーちゃん、にーちゃんの4人家族で住んでいて、決して裕福な家庭環境ではありませんでした。

おふくろが、新聞社の「わたしのおふくろの自慢料理」かなんかの懸賞付きのコンテストに呉汁を応募して、見事金賞を獲得し、賞品は「エメラルドの指輪」でした。
当時そんなもの買える金銭的余裕がなかったので、おふくろがとっても喜んでいたのを今でも覚えています。何度か困ったときに質草になりかけた経歴のある「エメラルドの指輪」は今でもおふくろが大切にしています。
 
そのおふくろの味の呉汁のレシピを九州にいる義姉さんとあんママが、引き継いでいます。

               今晩の夕飯に頂いた呉汁
 
DSC_6329g1.jpg 
昨日、デイサービスの夏祭りに参加したおふくろだよ~(先ほど義姉より写メで送ってきたのでアップします、義姉さん、サンキュー。もう88才になりました。) 

DSC_6605g1.jpg  


一般のレシピに書かれた「呉汁」と我が家の呉汁は何が違うか?

味噌が入っていないのがみそ(薄口なしょうゆ味)

大体のレシピはみそ味になってますが、みそは入れない方が大豆本来の味わいがあって美味しいと、私は思います。
じゃがいもが入っている、このホクホク感がなんともうれしい。

レシピ(4人前)

料理の事は良く分からないので、あんママの書いたメモのデッドコピーです。(あんママ監修済み)

☆ 材料:  

     ・大豆・・・・・250g前後  
  ・じゃがいも、大根、ごぼう、しいたけ、油揚げ、こんにゃく、など 
  ・あさつき 少々  (A)  だし汁 3カップ  (塩、酒、しょう油)

☆ 作り方

  ① 大豆は洗い、一昼夜水に漬けてふやかし、水を切りすり鉢に入れてすりつぶす(歯ごたえを残す程度)
 
  ② 野菜を食べやすい大きさに切る  

  ③ だし汁に②の材料を全部入れ野菜が柔らかくなったら(A)で味を整え①のすり大豆も加え、
    ひと煮立ちさせて火を止めてあさつきの小口切りを散らす。  

<メモ>

  ① 大豆は水煮、ドライパック缶を使うと時間短縮になりますよ~  

  ② 野菜は全部そろえる必要はありません、冷蔵庫の残り物で良いですよ~


おしまいに、「是非、あなたの愛する方に呉汁な思い出を・・・・」

料理のブログに成ってしまいましたが、良かったら下のグータラあんずねーさんお写真をポチットお願いしますね~

今日も本当にたくさんの応援と拍手、コメント、ありがとうございます、楽しい記事を書く励みになってますよ~。一つ一つの応援に感謝しますよー !
訪問したよー、応援してるよーの気持ちで一日1回しかカウントされませんが、何度でもOKだよー(笑い) 動かないぐーたら、あんずねーさんの写真をポチットよろしくね~!

にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
[ 2012/07/13 21:58 ] 日常の出来事 | TB(0) | CM(2)

ありがとうございます!

呉汁のレシピ、ありがとうございます。
たまたま五目大豆でも作ろうかと、多めに水に浸けてふやかしていたのがあるので、ラッキー!
今晩、チャレンジしてみます♪

トロピカルなスタイルがとても似合ってる、お母様。
とても88歳には、見えません。
苦労された時代があったにも関わらず、とても穏やかなお顔をされてますね。
これからもますますお元気で。
[ 2012/07/14 08:59 ] [ 編集 ]

pearlさん、おはようございます♪


呉汁、是非お試し下さいね、きっとエメラルドな味がすると思いますv-353
ありがとうございます、母はもう認知症が進行していて、心は別の世界に行っていますが
体は元気にしていますよ~e-343
[ 2012/07/14 10:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://anzpapa.blog.fc2.com/tb.php/574-63f72286