スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆ 変わりネタで ☆

 ハスまみれオフ会の記事が出来るまでのつなぎです。変わったネタで、たまにはこんな記事もお役に立つかと、リードの作り方です
<前置き>
ハスキーを飼って23年、道具にはいろいろ苦労しました、中でも極めつけはリードと首輪です。欠点は以下です。
1.首輪:きつく付けっぱなしだと、首輪の毛がこすれて抜けるか、金属製は毛が
      黒く変色する。ゆるいと、抜ける(いやいやして、後ずさりした時は特に
2.リード:リード本体は強いが、輪っかの部分の縫製が弱く、突然抜ける。
そこで、首輪は「飾り」と名前のプレート用と割り切る、散歩用は別の方法で・・・・
何度か、心無い方に「紐だ!」なんて馬鹿にされましたが、23年の経験でこれがシンプル、且つ安価且つ、ベストな方法と考えています。 耐用年数1.5~2年/本
実は、日本犬保存会(柴犬や秋田犬)のドッグショーでは、良く見かけます
<本題>
□用意するもの:
  1)綿ロープ(ホームセンターでメーター100円位)2.5m~3m
  2)テープ、マジック、
  3)鋏
□完成後のリードの長さは愛犬の体長に応じて、あんずねーさんの場合は2.5m~3m位(加工前)自転車散歩を想定した長さで、前輪に後肢がかからない長さです。      
□.作り方:
DSC_6952a.jpg 
DSC_6953b.jpg 
DSC_6955c.jpg 
DSC_6956d.jpg 
1.2.3の順番を多少間違えても、体勢(強度)に影響はありません、見た目が悪くなるだけで・・・・(私も間違えます
DSC_6957e.jpg 
DSC_6958f.jpg

ここまで来れば、もう大丈夫ですよ~、後はこの応用ですから~
DSC_6960g.jpg 

つぎは、ワンコの首を通す側(上の応用で輪っかを小さく作るだけです。)
DSC_6962h.jpg 
このままだと、ワンコさんが首つり状態に成るので、ストッパー(結び玉)を作り、輪っか通して出来上がりです
DSC_6963i.jpg

手に通す側の先に適当に結び玉を作ると、滑り留めに成りますよ
あんずねーさんにモデルに成ってもらい、新調のリードを装着します。ストッパーの結び玉はワンコの首のサイズに合わせて調整して下さい。思った以上に意外と細いですよ~(ゆるいとダメで、首の大きさにピッタリにあわせるのがコツです。)
DSC_6965j.jpg 
DSC_6967k.jpg 
DSC_6968l.jpg

いやいやの後ずさりの時も、抜けません
DSC_6972m.jpg 

(注意)、外飼いのリードとしては不向きです。緩んだ時に、ワンコが輪っかを抜けて脱走する場合があります。先住犬、ハリーくんは、これで2度脱走されました
緩まないようにおかーさんが、結び玉の上側に洗濯ばさみを付けましたが、不恰好に成ります。
以上、綿ロープ自作リードは天然素材で、環境に、人間に、ワンコに優しいので、失敗を恐れず、お試し下さい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記事がお役にたちましたら、下のいやがるモデルさんをポチット、コメントもヨロシクね
 
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

(編集後記)
ホームセンタで素材の縄の品定めをママさんと・・・(これじゃ、太いかね、麻はガサガサして、痛いねとか・・・)、店員さんが横で「何にお使いですか」二人で大爆笑でした、(何かと勘違いされたのかな?)。ワンコのリードを・・・・と言いましたら、「うちもワンコが・・・、作り方、教えて下さい」でこの記事を掲載する事にしましたよ~
スポンサーサイト
[ 2011/12/05 07:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://anzpapa.blog.fc2.com/tb.php/176-6c17ffae












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。