赤城製作記(その2)

9月5日より製作を始めて今日で約1か月経過

船体部の製作、塗装はほぼ完了。
別売のエッチングパーツも甲板部や階段を除き取り付け完了
いやー、繊細なエッチングの薄く小さな金属パーツの折り曲げ、特に接着には苦労しました(笑)

折れるは、点、線接着や瞬間接着剤のメッシュへの付着により膜が出来るは・・・で

フジミ模型は組み立て説明書が不親切、いい加減で・・・
作れるものなら、作って見ろー!みたいな挑戦的な設計者の意思を感じるのは私だけでしょうか?(笑)

艦載機はゼロ戦21型、3、99艦爆、3、97艦攻、3コでトータル9コ
キャノピーの透明を優先して機体パーツは全て透明な硬い素材(加工に苦慮します)

キャノピーと機体は凸凹の部分をはめ込んで接着する、これが寸法が合わず、入らない!
この辺はタミヤでは考えられない拙作な設計、凸部をカットして接着しました。


DSC_9594_LR.jpg 

左舷3か所、右舷3か所の通路にリノリューム板の張り付け箇所(下の写真の茶色部)があり、MODEL ART ではリノリューム色に塗った後マスキングして、軍艦色を塗るとありますが、フジミの模型のリノリューム部の型紙が無い。

型紙を作る、型紙を作ったもののテープで作って見たものの、こんな狭いとこに貼れない!

型紙が出来たので、型紙通りに、0.2mmのプラ板をリノリューム色に塗り、この部分に乗せて接着
このやり方がベストです

DSC_9599_LR.jpg 

DSC_9614_LRD4a5.jpg 
97艦攻の整備士と誘導員(余興で作って見ました(笑))

DSC_9618_LRのコピー 
零戦21型 塗装、機体は明灰色だと暗く成るので、ほとんど白、
スケールが小さくなるほど、人間の目の錯覚で暗く成るので、かなり明るくしないと・・・・
船体も指定の軍艦色2では暗く成りすぎるので、白をかなり混色


DSC_9633_LRのコピー 

99艦爆くん
ピトー管とアンテナを付けてみました。

日の丸は水性のボールペンで手書きしましたが、この水性塗料が3日経過しても乾かず
結局すべて水で洗い落して、ポスカの極細赤で書き直しました。

ポスカは速乾性で、ペンの先端でチョンと赤を落すと、表面張力で丸い水滴が乗り、乾くと比較的丸に近い日の丸が書けます。

マスキングテープを丸く切り抜き上からポスカで塗りましたが、テープの接着面に回り込みにじんでダメでした。
ポスカは失敗しても、乾燥後にナイフの先端で修正が効きますし、大きく修正する時は水で洗い落とせます。

飛行甲板の白色ラインや「ア」の文字も白のポスカでやって見ます。


DSC_9634_LR.jpg 

DSC_9638_LR.jpg 
主脚や尾脚は指定は小さなパーツのちょんつけ、塗装やドライブラシの作業を考えると・・・・
0.3mmの真鍮線を通して機体に接着しています。

真鍮線の先をつぶして丸く加工するとタイヤに・・・
真鍮線を通した状態で、99艦爆の特徴的な主脚のカウルの丸いアールも加工できます。

小さなパーツなので、パーツを持って、ヤスれません!


DSC_9646_LR.jpg


飛ばしてみました(笑) 

DSC_9660_LRD4a5.jpg 

いよいよ飛行甲板の塗装を開始

1色目のタンを3回塗り、1mm×12mmの小さなマスキングテープの短冊を作り、ランダムに貼り付ける。
っと、MODEL ARTに書いてある通りに・・・

その前に塗料の乗りを良くするために、全体にサーフェイサー500を塗る、飛行機の昇降エレベータ部や最後部等の金属部は
後で軍艦色に塗るので、マスキングする。


DSC_9667_LRD4a5.jpg 
ランダムに貼り付けると言っても、タン、ミドルストーン、サンディーブラウンを塗り重ねて、甲板の板の質感を出すわけですが
いったい、一回の塗装で何個の短冊を貼ればいいのか?

甲板の面積はだいたい、12000平方ミリメートル、これを短冊1mm×12mm=12平方ミリメートルで割ると1000コ
これを3(3色だから)で割ると330コ、1回の塗装で330個の短冊をランダムに全体に貼り付ける・・・・

この1回の短冊の切り出し、貼り付けの時間は大体6時間位

気の遠くなるような単純作業なので、気分転換に他の作業も・・・・

短冊の幅はバラバラですが・・・(笑)


DSC_9670_LRD4a5.jpg 

ポスカで塗り替えた日の丸 ゼロ戦は尾翼前胴体に赤の線も・・・(-_-;)

段々と空母らしく・・・・


DSC_9681_LRD4a5.jpg 

船首部分、舷周の柵のエッチングパーツ、この接着もかなりの集中力が必要

甲板を支える支柱もダボ穴はあるけど、強度が弱いので、真鍮線で補強
錨も、説明書では何となく接着する・・・・、すぐにとれます!

錨の軸に孔をあけ、真鍮線を通して、船首の穴に通して接着


DSC_9683_LRD4a5.jpg 


零戦くんたち

DSC_9686_LRD4a5.jpg 

97艦攻くんたち、1機、機体の濃緑色塗装御、シルバーでドライブラシをして、塗装がはがれて銀のジュラルミンが見えてる感じに
意外と雰囲気が良かった・・・(笑)


DSC_9688_LRD4a5.jpg  

DSC_9689_LRD4a5.jpg 

飛行甲板の塗装後は、甲板周辺のネットとか、舷外電路のアンテナとか・・・船体下部もまだ未塗装・・・

電路線とかはじめたら、きりがないですね!

まだまだ一か月くらいはかかりそうです(-_-;)

こんなことやってるのでワンコのブログは休止中、すいましぇん(笑)

またアップします♡











 






スポンサーサイト
[ 2014/10/04 06:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

リノリューム

大変ご苦労様です。更新を楽しみにしておりましたが、期待は裏切られず(笑)。
しかし流石は元巡洋戦艦、堂々たるボリュームですね。
完成が楽しみです。
でもって九九艦爆ですか。
感動ものの完成度ですね。
良く米粒に字を書く人がいますが…
でも外形の正確さは流石フジミ、こういうところは妥協しない。
おまけのフィギュア!昔ハセガワの駆逐艦の企画商品で、トンボ釣りを再現したキットがあり、洋上のベースに九九艦爆の不時着水機と救命艇およびクルーがセットになっているものがありましたが。

リノリューム。
舷側通路まで貼ってあったのでしょうか?
なんとなく在りそうも無い気が?
新資料なのでしょうかね。
ところで実物を見たことが無いですか?リノリュームの。
学校教育も地域差があるのか?
私は小学生のころ教材で何度か使いましたよ。
葉書より一回り大きい板に彫刻刀で…版画だったのかな?
 
ところで、先日、普段は行かない図書館で世界の艦船を数冊借りてきて見ていたら、今年の1月号になんと「大淀」の空中からの俯瞰写真が?
あまり鮮明ではないですが、情報量はてんこ盛り。
驚きました。
最後に日本のボックスアート史上に残る傑作を一枚。
載れるかな?
フジミの零戦32型題して「1秒後」
ではまた
と思ったら画像は添付は無理そうですね。
そちらは別途



[ 2014/10/06 19:53 ] [ 編集 ]

コメントどうもです

今は飛行甲板の塗装で苦労しています。MODEL ARTの作例の塗装通りでは、甲板の張り付けた
隙間の再現が出来ず、のっぺらした感じに成ってしまい

スジ彫りをしました、これまた大変な作業ですが、イメージ通りに・・・(-_-;)
あと、3色の色分けでMODEL ARTの作例はミドリストーンを使ってやりましたが、みどりっぽく、これは
失敗です。やはりウッドブラウンを明るくした色が良いのではと・・・

そういえば、彫刻に使った材質もリノリュームですね、わたしはママチャリのハンドル部が
それで、少し削って色見本にしました(笑)

九九艦爆、フジミのは良く出来ています、願わくは固定主翼のカーブを・・・(笑)

フジミのフルハル赤城、なかなか楽しめる良いキットだと思います。

[ 2014/10/06 21:47 ] [ 編集 ]

はじめまして

こんにちわ

ブログの内容とは、違いますが今日の「7日19時」(どうぶつBANG!)に犬舎(KOHOKU MABUCHI JP)
が映るみたいです!
今連絡があったので…
急なコメントで失礼しました。
すいませんm(_ _)m
[ 2014/10/07 17:44 ] [ 編集 ]

こんにちわ


コメント、連絡ありがとうです。

是非、見ます。お友達の弟さんのおチビちゃんも出るかも?
との連絡を頂いています。

ありがとうございました♡
[ 2014/10/07 18:23 ] [ 編集 ]

ツィールくんですよね?
我が家のハスキーは、こまちちゃんの弟(ケンタ郎)と
ツィールくんの妹(クシナ)です

これからも楽しくブログ読ませて頂きますね♡
[ 2014/10/07 20:45 ] [ 編集 ]

宜しくです。

そうなんですか!ケンタ郎くんはこまちゃんの弟さん?同胎の弟さんですか?
うちのくるみは、こまちちゃんの同胎の姉です、こまちちゃん、
それと同胎のおねーさんのれもんちゃんとはよく一緒に遊んでますよ♡
お近くならお会いして、一緒に遊べるのですが・・・

アーディくんとも会って仲良く遊んでます、ツイールくんもこの前清里で・・

また宜しくお願いします。

ブログのメールフォーム経由で私のPCのメルアドに連絡できますよ
因みに、メルアドはhurry@cocoa.ocn.ne.jpです。

[ 2014/10/07 20:58 ] [ 編集 ]

何だかスイマセン

何度もすいません。

馬渕さんから直で聞いたので、先程確認したんですが何か、違ったみたいです。申し訳ありません(>_<)
TV局から連絡あり次第又連絡してくれるとの事ですので
その時は、又連絡させて頂きます。
何だかスイマセンm(_ _)m

メルアドまでありがとうございます!
ケンタ郎は、こまちちゃんと父・母全く同じなんです!
でも 生まれたのは去年11月14日なんです
なので、弟犬ですね(笑)
我が家は、大阪市内に住んでいるので、又いつか会えるのを楽しみにしていますね☆
私もこの前から、初心者ながらにブログ始めましたんで、良かったら覗いてみて下さい♥
【ペンキ屋ケンタ郎とクーちゃんのお話】です。
こうしてコメント入れるとPCのメルアドに繋がるってことですよね?
又馬渕さんからの連絡が急な場合があるんで…
アドレスも登録させて頂きますm(_)m

これから 宜しくお願いします(^0^)/
[ 2014/10/07 23:12 ] [ 編集 ]

あんパパさんへ

おはようございます(^0^)/
くるみちゃんとこまちちゃんにやっぱり似てるんですね(笑)
みんな可愛い顔してますよね~(^_-)-☆
又 色々教えて下さいm(_ _)m
[ 2014/10/08 07:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://anzpapa.blog.fc2.com/tb.php/1027-111b834e