FC2ブログ





1:72 BOEING B-17G FLYING FORTRESS AIRFIX

 飛燕に続き、シルバー塗装のB-17Gを
B-17はハセガワ、REVELL ,ACCADEMY,AIRFIXなどが製品化されている様ですが、英国の模型メーカーのAIRFIX社製のが
比較的新しく、販売店(ファーベル)が隣の町にあるので、これにしました。

AIRFIXは初めて作るメーカーでどのようなものか興味津々です。
まず、箱を開けて、なんと臭い!何とも表現が難しい臭いに閉口しました。モールド素材の臭いか、離型剤の臭いか?
とにかく頭痛が起きる臭いです。

赤い箱にカッコいい箱絵です。
 20181116-DSC_6590.jpg


モールドの出来はまーまーかな?パーツの合いもあまり良くないが、許容範囲です。
大きなパーツ(この場合は胴体の左右)がかなり反っていて、強引に接着

組み立て説明書は言葉がなく、イラストだけ、色指定はハンブロールエナメル塗料の番号のみ
これはMrカラーを基本的に使っているので変換、ない色もあるので、近似色で・・・・

機体内部も再現されているので塗り分けて組み立てましが、完成後はほとんど見えません(笑)

弾倉庫、無線所、ボールターレットなど、ボールターレットは胴体を左右接着する前に組み立て、塗装をしないと
後からは組み込めません。

20181116-DSC_6599.jpg

コックピット周辺、投下爆弾の照準器(ノルデン照準器?)

右側面にくるみちゃんの毛が・・・(笑)

20181116-DSC_6601.jpg

計器類 残念ながら白黒のみのデカール

機体内部はコックピット周辺はダークアース、弾倉はアルミ、その他はジンク・クロメイト TYPE1


20181116-DSC_6602.jpg

ボールターレットはクリアパーツで透明部分をマスキングしてシルバー塗装なので、できれば

左右胴体の接着後に組み入れ出来ればいいのですが ボールターレットを機体に吊るす実機の構造の再現を優先させたので
しょうが、組むとみえないがね


20181116-DSC_6605.jpg

爆弾倉、爆弾は残念ながら4個しか入っていない

20181116-DSC_6607.jpg


20181116-DSC_6609.jpg


組み立ての初期にボールターレットを塗装した状態で組み込む必要があり、シルバー塗装がだんだんはがれたり
機銃を折ったりしました。

あくまで実機の構造にこだわるジョンブル魂?(笑)

20181116-DSC_6612.jpg


20181116-DSC_6617.jpg

ボールターレットに貼るデカールも組み込んだ後ではかなり困難なので、省略



20181116-DSC_6620.jpg


20181116-DSC_6623.jpg

翼基部のトラス構造もそれなりに再現

20181116-DSC_6625.jpg

機首最先端の照準器

20181116-DSC_6627.jpg


20181116-DSC_6632.jpg

両翼端、垂直尾翼、水平尾翼の赤(今回はサンダーバードレッド)を、その他は下地にクリアブラックを吹き、クロムシルバー


20181203-DSC_6638.jpg


エンジンのパイロットから見える1/4、フロントガラス前はアンチグレアにオリーブドラブ1

20181203-DSC_6641.jpg


20181203-DSC_6642.jpg

下っ腹

20181203-DSC_6644.jpg

エンジンは下地につや消し黒、ダークアイアンを筆塗りして、ティッシュで擦って黒光り

20181203-DSC_6646.jpg

コックピット、左右、上部ターレット機銃胴体中央部の窓など、透明ガラス部をマスキングして下地に光沢クリアを吹き、メタリックシルバーを、内側はこれまたマスキングし、ジンク・クロメートを吹く、 

マスキングの荒行でした。

20181203-DSC_6651.jpg


20181203-DSC_6653.jpg


20181203-DSC_6657.jpg


機首下部の二連回転機銃座はチョット細工をして上下可動に、回転軸を細工して後からはめ込んで回転できるように


20181203-DSC_6659.jpg

右は最後尾の二連機銃座、これも上下可動に



20181203-DSC_6661.jpg


いよいよ全体の組み立て、接着、デカール貼り

デカールは余分な糊代がなく厚みも透けない程度に良いですが、糊の接着が弱いような感じです。カルトグラフ製なのかな?
デカールは小さなコーションもついていますが、小さくてほとんど見えない。適当に省略

20181212-DSC_6704.jpg


デカールを貼った後クリアを吹きたいのですが、シルバーの金属感が損なわれるので、貼りっぱなし、

女性のノーズアートが米軍機らしく、戦争中とはいえ遊び心が・・・

20181212-DSC_6712.jpg




20181212-DSC_6717.jpg


20181212-DSC_6721.jpg


20181212-DSC_6727.jpg


20181212-DSC_6729.jpg


20181212-DSC_6731.jpg

20181212-DSC_6735.jpg

触っているとシルバーがだんだん剥がれて来る



20181212-DSC_6741.jpg


20181212-DSC_6743.jpg


20181212-DSC_6745.jpg


20181212-DSC_6747.jpg


内側エンジンの排気管カバーは外しています。

20181212-DSC_6750.jpg


20181212-DSC_6753a.jpg

ティッシュの箱に載せて、かなり不安定

20181212-DSC_6759.jpg


20181212-DSC_6771.jpg


先に制作した飛燕と比較するとその大きさの違いが分かります。
当時の技術力、工業力の違いが・・・・

20181212-DSC_6792.jpg

制作開始が2018年11月6日、完成が2018年12月12日、1か月と1週間の制作期間でした。

年内いっぱいかかると思ってましたが、意外と早かったです。

今回は部品の紛失はありませんでしたが、機体下部の回転ボールターレットの機銃を折ってしまい、真ちゅう線でセンタ補強して
つなぎ合わせました。

約1か月、楽しめました。シルバーのメタリック塗装はまだまだですね。

次は何にするか思案中ですが、爆撃機に思い入れがあるので、たぶん三菱四式重爆撃機かな?
なにせ、おやじが戦争中、九九式双発軽爆撃機の搭乗員だったので、・・・・

布団の中でおやじに米英戦闘機との空中戦の話を目を輝かせて聞きながら寝たのを思い出します。
「横を通る戦闘機に照準を合わせる時は少し前に合わせろよ・・・」とか「向かってくるのを狙え!」

子供に教えてどーするんだよ!









スポンサーサイト
[ 2018/12/13 15:03 ] プラモ | TB(0) | CM(0)

飛燕1型丁(タミヤ1/72)

 零戦に続き、比較的最近発売された飛燕を作っています。

零戦同様、大変よくできたキットだと思います。
今回このキットを選択したのは、オールシルバーの塗装をやってみようと・・・・
メタリック系の塗装は定着性能とムラがどうしても克服できずにためらっていましたが、失敗を恐れず、チャレンジです

20181028-DSC_6320.jpg


機体の塗装の前に内部の塗装です。
零と違い、川崎重工の飛行機のコックピット、周辺の色は「ダークイエロー」だそうです。
コックピットも小さな部品の組み立て、色分けで、指定色通りに塗り分けました。

計器盤はデカールで、それらしくなってますね。

20181020-DSC_6256.jpg

座席のシートベルトはデカールです。

20181020-DSC_6258.jpg

操縦席左の各種レバーのヘッドは色分けしてされて、面相筆でも小さく塗れないの爪楊枝の先で塗料を乗せた感じです。

20181020-DSC_6262.jpg


20181020-DSC_6270.jpg


r次はいよいよ機体の塗装ですが、しっぽ(後ろの水平、垂直尾翼)は赤を塗り、マスキング、コックピットや水冷用ラジエターを
マスキングして、
ここで、シルバーの深みと定着性を上げるために、光沢の黒を塗りました。

2日ほど乾燥させて、シルバーを塗装、今回は「クロムシルバー」を吹きました。

塗料の希釈は通常より濃いめに、スプレーのノズルは近づけないように吹きました。
これをやらないと、シルバーを吹いた直後にノズルの風圧で乾燥前に塗膜が浪打ち、ムラになります。
「涌く」というそうです。確かに沸騰した感じにムラが出来ます

これは零戦のプロペラの吹付の時に失敗しているのでわかりました。

吹付けは3回ほどしました。下地の黒が効いて、いい感じのいぶし銀っぽくなりました。

20181022-DSC_6277.jpg


20181022-DSC_6280.jpg


「涌き」現象も起きずに比較的良く塗れました

定着に関しては、ティッシュで軽く拭いた程度ではティッシュに塗料の移りは少なくOKですが

乾燥後クリアコーティングをします。

機体の塗装、マスキング吹付、コーティングの繰り返しです。

主翼の方向フラッフ?はアルミで・・・・

20181023-DSC_6288.jpg


20181023-DSC_6293.jpg


20181023-DSC_6296.jpg


メタリック系の塗装は難しいですね。

次はデカール貼りなんかを・・・

ここで、いよいよ難関の風防(キャノピー)の枠塗りとか、前照灯の透明部品の塗装なんかをと前照灯のガラス部品を
紛失していることに気づく。

これは自作不能と・・・・
タミヤのアフターサービスに連絡、郵便で指定の口座に代金を振り込みました。
国内のメーカーはいいですね、パーツを買えますね。

左翼側はパーツがないので・・・・

20181026-DSC_6299.jpg


20181026-DSC_6300.jpg


20181026-DSC_6302.jpg



20181026-DSC_6304.jpg

「必勝」はおまけで



20181026-DSC_6309.jpg


20181026-DSC_6310.jpg


キャノピーの窓枠の塗装完了です。
今回も窓枠の一本、一本づつ細切りマスキングテープでマスクして、筆塗りです。
透明のモールドにシルバーを直接塗ると、定着性が悪いので、下地にプライマーを塗り、乾燥後シルバーを筆塗り

本当は枠の下地に光沢の黒を塗りたいのですが、内側から黒が透けて見えるので、プライマーのグレーで・・・

乾燥後、光沢クリアを吹きました。

何という手間、多少の塗料のはみ出しは、爪楊枝の先でこすって除去しました。

拡大写真ではあらが丸見えですが・・・

20181028-DSC_6312.jpg


20181028-DSC_6313.jpg


20181028-DSC_6315.jpg


20181028-DSC_6317.jpg


あまりきれいではありませんが、現在の腕前ではこれが限界です。

老眼鏡に拡大鏡の荒行です(笑)

シルバー塗装について:(グダグダと書きますが・・・)

モールドにいきなりの塗装はダメで

シルバーの発色、塗料の定着性能(食いつき)で
機体は下地に光沢の黒が良いです、理由はわかりませんが、シルバーの深みや発色、塗膜の強度でかなり改善されます。

キャノピーの下地は黒だと内側から黒が見えるので、光沢のクリアーが良いです。クリアー素材にクリアーを塗る?
と思うでしょうが、窓枠のシルバーの発色は損なわれますが、

あとマスキングは今回は各枠を個別にやって筆塗りしましたが、筆塗りでできる塗料の粒化と筆村できれいな
塗りが難しいので、各窓のガラスの部分をマスキングして、一気に下地のスプレー、シルバー塗装、コーティング塗装を
するのが良いかと思います。

ここ1週間程度の試行錯誤で得た基本的なテクニックですが(あくまで私の自己流ですが)

約1Wほどでタミヤから紛失した前照灯の部品が届き、取り付け完成です・・・・

完成後部品などを整理していると、紛失したと勘違いした部品が出てきました(笑)
得てして、こんなものですね・・・・

20181212-DSC_6779.jpg


20181212-DSC_6781.jpg


20181212-DSC_6794.jpg


飛燕に続き、1/72のB-17Gも完成したので、大きさの比較のために・・・・

やはり、B-17はデカい・・・・こんなのに立ち向かったのだからさぞかし怖かったでしょうね、実際に日本に飛来

爆撃をしたのはB-29ですが

20181212-DSC_6789.jpg


水曜オフ会がしばらくお休み中で模型ネタを取り混ぜて・・・・

もう12月なんですね・・・すぐに1年が過ぎて行きますね









[ 2018/12/12 11:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

やすしくんを偲んで(2)

 その1に続いて、やすしくんの思い出を載せます。

やすしくんは昨日荼毘にふされました。たくさんの思い出をありがとうね。

最初は懐かしいというか、存在をすっかり忘れていた動画二つです。ねーさん二人にコテンパンにやられるチビやっしー


最初は威勢よくあんずねーさんを追っかけて

動画:やすしくんとあんずねーさん、ちょびねーさん(2)


次はねーさん二人がかりで・・・・

動画:やすしくんとあんずねーさん、ちょびねーさん(1)


初めてあったころかな?あんずねーさんにご挨拶です。

緊張のやっしー

20100618-IMGP4693.jpg

仲良しのぼくちゃんと

20110822-DSC_0486.jpg

ねーさんにふくじゅー(笑)

20110827-DSC_0183.jpg

赤城でごん太くんと

20110904-DSC_0730.jpg

空の上でもこうやっているのかな?

ワンポで・・・

20111113-DSC_6431.jpg


20111113-DSC_6432.jpg


20111113-DSC_6700.jpg

おうちでお誕生会

20120126-DSC_1938.jpg

「オレのお誕生会じゃないしー」

20120126-DSC_1957.jpg

「くやしーから、いたずらじゃー」

20120126-DSC_2049.jpg

本庄ランでバンとの執念対決

20120219-DSC_7039.jpg

お山のランでおへたれやっしー

20120716-DSC_7973.jpg

ぼくちゃんとの濃厚キッス

20120719-DSC_8446.jpg

とーちゃん、サンダルがー(笑)

20120807-DSC_1680.jpg

涸沼の帰りに大洗で・・・ 海を見ながら

20120812-DSC_2965.jpg

これはだいぶ最近の清里

20170903-DSC_8503(2).jpg

これも最近のお山のランで
20171119-DSC_9615(2).jpg

みのるくん現る



DSC_0833_LR011.jpg

きよさとー

DSC_2290_LRD4a5.jpg

うざいガキのくるみ

DSC_2746_LRm1.jpg

バンに食われる(笑)

DSC_2845k1.jpg


DSC_7453_LRD4a2.jpg

ピラニアくるみにたじろぐやっしー シフォンのおうち

DSC_4279_LRD4a1.jpg

SKKPかな?

DSC_5402_LRm5.jpg


DSC_5555_LRD4a4.jpg

谷川の薔薇の館

DSC_5794_LRD4a4.jpg


DSC_7150d.jpg

わるさ全開のやっしー

DSC_7453_LRD4a2.jpg


DSC_7570g1.jpg

れなっち?

DSC_7640_LRD4a2.jpg

イブちゃんを狩る

DSC_7776_LRD4a4D4a4.jpg


DSC_7883_LR029.jpg


DSC_7920_LR034.jpg


おしまいは、くるみとのダブル飛行犬

DSC_8453_LR_LRD4a4.jpg



やっしー、たくさんの思い出をありがとうね



[ 2018/11/04 18:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)